やぎや日記

トンネル山から
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 119番 | main | 煙出し=燻煙 >>
盛りだくさんな日
 夕刻に狸小路を歩くとアジアからの、多分中国系の観光客がとーっても多い。かき分けかき分けというほどでもないけれど、ニタニタしていても一向に目立たぬ人の流れの中を戻る。
 ”人生スイッチ”という奇妙なタイトルのアルゼンチン映画オムニバス。スペイン語なれど、英語で言えば”Wild Tales"だって。どういうワイルドさかってことで、辞書を引く。コレダ!自制心欠如とか、コントロールがきかないとか、修養不足とか、そのようなワイルドであって、映画は見事に、恐ろしくも愉快に映像化していて、監督の並々ならぬセンスに感心。若いに違いないと思って調べると40歳。
 自分に余りにもぴったり。どこが?っって、自分のワイルドさに。ワイルド万歳とでも言ってもらっているような。品のいい人は眉をしかめるかもしれないが、スカッとして笑えてしまう人も多い事だろう。このご時世に余りにもマッチした映画でもあるし、喜劇でもある。もう一度観る元気はありやなしや‥‥。
 帰って、FB上の国会中継。狂信的な心情ばかりを押し通す安倍晋三に対して、若くて元気で勉強家の山本太郎氏を見せてもらったことで盛りだくさんな気持ち。


<”おかえし”では、ワイルドなのは機長、”おもてなし”では、おばさん、”エンスト”では、双方のドライバー、”ヒーローになるために”では、エンジニアのサラリーマン、"愚息”では、弁護士など、”ハッピーウエディング”では、新婦。”愚息”は皮肉なラストが意外だけれど、”ヒーロー”と”ハッピー”は、各々さまざま溜飲を下げるのに一役買いそうな経過とラスト。>



 d
| shanghairo2 | - | 23:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - |