やぎや日記

トンネル山から
<< August 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夏、ここを動きたくない
 北海道らしい夏が2日あったと思ったら、又蒸し暑さが戻って来た。
 今日は札幌も30℃が予想されている。猛暑日の東京へ出かける人に空港だけまで同行、観光客が多いだけあって、朝の7時前から混み始めていた。


<北海道の七夕は8月。真夏の旅は若もののもの?しかし、仕事となれば……。>

 いつまでたっても思い出す、中学2年生の夏の羽田空港。その頃の空港は、日劇での華やかなウエスタンカーニバル並みの、一大観光地だったのかもしれない。暑い盛りによくもそんなところまで行ったもの。両親に感心する。感謝はあまりない。ウエスタンカーニバルの方は感謝かな?当時のアメリカンポップスは今も、先日の大通りビヤガーデン/世界のビールスペースでも次々と流れていて、勿論オリジナルで、対話は必要なかった。懐かしい。
 快適な空調の窓外に、湿気とモヤの千歳空港。いつもになく、自分が飛立ちたいような感慨は全くなかった。


<陸地を離れる瞬間が好きだ。>



 
| shanghairo2 | - | 10:42 | comments(0) | - |
煙出し=燻煙
 ハムステーキをお約束、ために今夜は遅寝となる。久しぶりに煙と夜っぴいて付き会う。そもそもこの時期に燻煙ってどう?ほんとはやりたくない時期なのに、なぜか毎年一番暑い時期にもやる羽目に陥っている。冷燻とは違い、50℃近い、10数時間の短い煙出。意外においしい出来上がりになったりはする。


 1年間待つって気が長い話のようだが、実は短い。農場からのモモ、今年12月には天井から下ろしてパーティ。


 蒸し暑い毎日だけれど完璧に晴れている訳ではない日の連続。でも、北海道の夏はすぐそこまで。まだ背丈が足りない赤じそを急いでむしり取って、塩漬けしていた梅と混ぜる。美しい赤。そうして、やがて、三日三晩干せるかな。今年は本式の梅干しだ。梅干しで亡き人を偲んだりするほど、年代物ほど価値あり。そんなのができるかな。



 




 

 
| shanghairo2 | - | 22:34 | comments(0) | - |
盛りだくさんな日
 夕刻に狸小路を歩くとアジアからの、多分中国系の観光客がとーっても多い。かき分けかき分けというほどでもないけれど、ニタニタしていても一向に目立たぬ人の流れの中を戻る。
 ”人生スイッチ”という奇妙なタイトルのアルゼンチン映画オムニバス。スペイン語なれど、英語で言えば”Wild Tales"だって。どういうワイルドさかってことで、辞書を引く。コレダ!自制心欠如とか、コントロールがきかないとか、修養不足とか、そのようなワイルドであって、映画は見事に、恐ろしくも愉快に映像化していて、監督の並々ならぬセンスに感心。若いに違いないと思って調べると40歳。
 自分に余りにもぴったり。どこが?っって、自分のワイルドさに。ワイルド万歳とでも言ってもらっているような。品のいい人は眉をしかめるかもしれないが、スカッとして笑えてしまう人も多い事だろう。このご時世に余りにもマッチした映画でもあるし、喜劇でもある。もう一度観る元気はありやなしや‥‥。
 帰って、FB上の国会中継。狂信的な心情ばかりを押し通す安倍晋三に対して、若くて元気で勉強家の山本太郎氏を見せてもらったことで盛りだくさんな気持ち。


<”おかえし”では、ワイルドなのは機長、”おもてなし”では、おばさん、”エンスト”では、双方のドライバー、”ヒーローになるために”では、エンジニアのサラリーマン、"愚息”では、弁護士など、”ハッピーウエディング”では、新婦。”愚息”は皮肉なラストが意外だけれど、”ヒーロー”と”ハッピー”は、各々さまざま溜飲を下げるのに一役買いそうな経過とラスト。>



 d
| shanghairo2 | - | 23:33 | comments(0) | - |
119番
 滅多にないことに、連れがあったので早朝の畑で除草などした。早朝を選んだにもかかわらず汗どっさり。で、最後の締めくくりに、今や赤ーくなっているグースベリーを摘もうとかがんでいたら、飛び出して来た黄色スズメバチ1匹。さっと人の唇のすぐ上を一刺し、飛び去った。スワッ!!救急車=119番。連れを置いてモノも言わずに一刻も早く病院へ、というわけで大変な半日と1日だった。救急車で運ばれる間に気道が狭くなるような事はなかったので、今回は10数年前よりは軽いとの自覚はあった。”ドーン”というような刺された直後のショックはなかったし…。で、思い返せば、スズメバチで救急車に乗せてもらったのは通算2回。始めの1回は自家用で向かったら、「次回は救急車で来て下さい」と注意されていたのだ。
 それにしても昆虫に弱い。蚊、ブヨ、すべてに刺された後は苦労する。つくずく山暮らしに向いていない。


<洗面台風景:1ミリに満たない極小のクモ。糸さえ見えないのに小さな蛾を捕まえて、蛾はじたばたしているが逃れる事ができないでいる。>




 
| shanghairo2 | - | 21:34 | comments(1) | - |
今年の梅干し登場
 普段見向きもされていない赤じそ、伸びて来たのでそろそろ梅の本漬けに登板。梅干しのみならず、梅肉エキスに梅ジュース作り…と周囲で梅への関心/関与が高かった今年。


<Tちゃんの梅干し、美しい。>


 
| shanghairo2 | - | 15:10 | comments(0) | - |