やぎや日記

トンネル山から
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
トマトの加工、佳境
 採集、最終期に入ったトマト、加工も最盛。この雨ならシイタケも間もなく採集、乾燥期と続きたいもの。


<パン焼き後の窯の熱を利用するならワケもない乾燥トマト。細長いタイプ、皮がしっかりしているトマトを輪切りする。>


 
| shanghairo2 | - | 08:39 | comments(0) | - |
週末は飛羽
未明の雨と雷はあったけれど、警戒音が隣のiphoneに何度も入るほどには大変ではなかった。山だし・・・と。
日中はブラックベリーやぶどう、最後的なトマトなどを収穫するほどには晴れた。しかし、今週末行く予定の飛羽アートフェスティバルは大雨のメッカ:白老だ。大過ない事を・・・。

<雨宿り。やぎ、羊は雨が嫌い。砂漠の出だもんねー。>

 
| shanghairo2 | - | 21:46 | comments(0) | - |
おたる BOOK ART WEEK

今日の羊蹄山はふとんをかぶったよう、

そんな函館本線・倶知安駅からスタートして、

小樽駅下車。「旧小樽・無尽(株)本店」はお預けにして、

ランチ後、小樽BOOK ART WEEKのフライヤーを預かって、

行く回数が減ってしまっている南樽市場へ久々に寄って、半日の旅を終えた。



 
| shanghairo2 | - | 20:27 | comments(0) | - |
秋の陽とやぎ
 やぎが3頭しかいない年って、最近ではなかったこと。それに単に草刈りだけを期待した年というのもあまりない。搾乳をしないならしないで過ぎ行く年にも慣れるものだ。小さい規模での真に自給的な暮らしにはかけがえのないものだけど。


<「風邪が来る方向に向かって、みんなで座ろうよ」>


 
| shanghairo2 | - | 19:41 | comments(0) | - |
グリーティグカード
 時間があるとき、店頭でカードを見るのが好きだ。お手頃値段で小さいスペースに込められた他人の才能を楽しめるし、アイディア満載、結構面白いのもあり、送って大層喜ばれる場合もある。常日頃、自分で作るべきモノだと思ってはいる。


<『好きな音楽を病床で思い出したり想像してもらえるかな・・・』と>


<カード素材としての、故母やぎ=ニキ(YN描)>


 
| shanghairo2 | - | 20:31 | comments(0) | - |