やぎや日記

トンネル山から
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夜の画廊


 上弦が近い三日月の元、遅くまで開いている画廊。こんな建物がつるっとした町並みに風情を辛うじて呼び起こすなー。


 
| shanghairo2 | - | 09:52 | comments(0) | - |
チョボチョボッとアーティ
 
 
 長雨で枯れたかと思ったけれど、生きて、申し訳ないけどコレダケという感じ。
 花びらがヴェジタリアン用の凝乳酵素だとずっと言って来たけれど、そもそも使うミルクが動物質だ・・・。とすれば、ミルクの凝乳目的で出産直の第4胃をとるためだけに、産まれた子羊や子牛や子やぎを殺したりしないためだったのか・・・。

 
| shanghairo2 | - | 20:55 | comments(0) | - |
貴重な人たち
 『アッ!テディが離れている!』と思いきや、散歩に行くところでした。この窓からは道行く人が見えます。便利な窓です。
 夜や夜中にトンネル目がけてくる集団には、パソコン独特の光にボワーッと浮かび上がる窓と人の顔に驚いて走って逃げ帰るヒトもいます。
 

<なりかわって、うれしい!>





 
| shanghairo2 | - | 11:14 | comments(0) | - |
今にガスパッチョ
 札幌、最高26℃予報が出ているが、湿度が大事。気持ちがいい秋の訪れ。
 夏の野菜、最夏を過ぎたころにやって来る最盛もある。


<キウリが心もとないが・・・、トマト勢い最後か、カラスも飽いた模様。で、何回目かのガスパッチョ。好評。>


<美しいミョウガの花、これからが最盛。待ちました。>

なぜか今日のやぎやBGMは、”イヴ・サン・ローラン”>。麻薬的な曲だなー。


 
| shanghairo2 | - | 09:51 | comments(0) | - |
畑で遊ぶ
 ゆーっくりとあれこれ見ている事がない、あわててものをやりすごす習性をなんとかならないものかと反省する年頃を過ぎてしまった。でも、今日は秋の日差しを背に受けて、コリアンダーの種の収穫、タイムやローズマリーの枝先のカット、水中で根を広げているアロエの定植など細かいことを何の制約もなくテキトーにやろう。
 例年ながら、赤とんぼも飛び始めたし、8月なのにもう秋だ。大きなカボチャや太って長い人参も。ピーマンまるのままも乾燥してみるくらいだから、今年は乾燥野菜作りを楽しむかな、パン焼き窯の余熱を目一杯生かして。


<さすがピーマンは乾燥に強そう。今日はお日様に。>



 
| shanghairo2 | - | 20:30 | comments(0) | - |