やぎや日記

トンネル山から
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お弁当

近所の老婦人へ、遅ればせの秋分の日弁当:お赤飯、胡瓜の塩もみ、焼いたシシャモ、枝豆とイクラ、ジャガイモ・人参・こんにゃく・ごぼうのきんぴら、煮たかぼちゃ、トマトとジャガイモのジェノヴェーゼ合え。何かと秋は食材豊富。

 

 

 

| shanghairo2 | - | 11:20 | comments(0) | - |
お赤飯ディナー

第六感の働く人はいるもんだ。ちょうどやってきた友人とでにぎやかなおみやげ食を囲む和食ディナーは爽やか、すっきりの美味しいものとなった。

山から採集されたおみやげは立派な”本しめじ”。マツタケより好きという人も多いくらい。

海からやってきた直後の輝いていたシシャモは、大根おろしとの相性がいい。遅ればせの秋分の日:お赤飯ディナー。

 

 

 

| shanghairo2 | - | 08:17 | comments(0) | - |
孤食

「ここに住んでるんですかー?」週末によく来てテディと遊んでいる若者二人組み。「365日住んでるよ。」今夕はたった一人、早めにヤギたちを小屋に入れて、お土産にあげたので減ったにわとりの卵、明日たくさん生むように餌を多目にやって、テディにご馳走やって、ヤギとにわとりの上=ベッドルームでそろそろ夕食を。これで忘れ物はないかな?

残ったスープのもとはよくカレーになる。スープカレーというわけ。デザート、トンネルサバランも定番。お茶はマサラティといきたいところ。はみ出すほどのお盆はフロワドゥボーさんからの来日おみやげなど、孤食の陰にいろんな思い出。

 

 

 

 

 

 

| shanghairo2 | - | 19:48 | comments(0) | - |
雨の畑なれど美味礼賛

お天気が下っている。この冷たさと雨はカンナに酷だ。燃えるような鮮やかさに欠けてしまう。が、やっと枝豆他美味しい野菜はどんどん出来上がって来る。特に枝豆はとても美味しい!なので、凝りができている!鮭のコンフィのソースに使ってみた。もう最後になるトマトと一緒に潰して。ビーツやトマトやジャガイモが美しいし・・・。美味礼賛&自画自賛。

 

 

 

| shanghairo2 | - | 08:30 | comments(0) | - |
秋深まる

寒いくらいの朝が来るようになった。散歩途中ですでに巻きかけている白菜を見かけて焦る。丁寧に間引きしたはずのわが白菜は・・・、今朝、巻きかけているのを発見。期待に応えてくれる模様。20ヶいくかな。並びで高菜も大きく育ちながら赤い葉脈をはっきりさせて来ている。西方では水菜と並ぶ冬野菜。

ぶどう食いなのにお任せになっている、ポートランドかナイアガラ、そろそろ食べごろ。毎年安定して実をつけている。小昆虫のおかげ。

Check
| shanghairo2 | - | 10:26 | comments(0) | - |