やぎや日記

トンネル山から
<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
卵を食べる

 荒天のせいでシロップの進捗状況は低迷。でも、かけた手間を思い、美味しく食べたり見たりするための容器はなんとしよう?などと早くも心はそちらへ。チェコグラスとは行かないまでも何かしゃれたお手頃値段品はないかしらんと手頃なお店を覗いて、見た付けたものは山羊だ。タイ製でバーゲン品。ときどきこういう世界でもタイは面白い。インテリアとしてどうぞと書いてあるが、朝の半熟たまご入れにぴったり。わが家の卵はバーサン鶏が産むので普通より大きいのだ。

 山羊の在庫はないので羊との2種類になった。


<勿論シロップを入れて、スプーンですくい出すのもOKかな。>


 

| shanghairo2 | - | 10:35 | comments(0) | - |
モヤシを食べる

 もう何年も店でモヤシ(緑豆)を買っていない。なくても済むもので、たまにラーメンを外食する際に入っていたりはする。野菜をなるべくその季節限定にしている立場としては、”冬こそモヤシ作り”を実践しつつある。

 アルファルファは数日でモヤシ化する。アルファルファはムラサキウマゴヤシである。この地でも勝手に生え始めている。ヨシ!花咲く頃を過ぎたら、その種を採取しよう・・・。と思ったら、ウ?花の種?タンポポはどうだ?なんて思ってしまう。マツヨイグサの種は?ヒメジオンの種は?とキリがない。蜜蜂さんたちが花から花へと飛びわたった後に、見事受粉して結実した種をいただく。それらもモヤシとして美味しいだろうか?試してみるのも面白いかな?と思っている冬。今日から3月。


<「種がお互い同士あまりぶつかっていない方がストレスが少ないから、すくすく短期に育つのでは?」というご意見があって、瓶でモヤシを作るのからザルにしてみる。ペーパータオルなどサマになっていないのは今後要改良。アルファルファのナムル、おいしく、又その軽さが何とも言えない。ごま油と超合う。ナムルをサラダと言い換えてもいいのでは?と別の方からのご意見もあり。>


 

| shanghairo2 | - | 21:41 | comments(0) | - |
初物シリーズ 1:トンネル・メイプルシロップ
 この時期寒かったりそうでもなかったりで、イタヤカエデの働き方=開花や開葉のために根っこからの栄養水分吸い上げ、も速度が違う。なので、ぐっとたまるようであったり全くだったりしてまだまだ本格的な樹液採集とはならない。そうやって季節に沿っているんだと思えば全く木々も生きている感じ。
 寒暖の合間を縫って、22日採集分約5リットルをまる1日ゆっくり煮詰めて100cc余りのトンネルメイプルシロップをまず完成。色々シード入のヨーグルトスコーンとで朝食。今年初。次の初物は甘夏ママレードだ。この時期の定番。どっさり届けられた、甘ーくて酸っぱい、濃い味の水俣産甘夏。


<きれいだ。もう何回かは雪が降るだろう。>


<イタヤカエデはシュガーカエデとは違うので、風味もカナダ産などとは違う。しかもイタヤカエデにさえ、いろんな亜種があるという。それぞれのメイプルシロップというのも楽しいかな。この時期のみの甘味自給。>






 
| shanghairo2 | - | 19:08 | comments(0) | - |
4月3日まで
 1年が早い。古いおひなさまを出す。だんだん、ぼろぼろなのが翁と媼。白髪はちぎれ、片足首以下は崩れて、持つ八手は直せたけれど箒はボロボロ。イメージとして年寄りは大体庭仕事専門のような風情だけれど、自分に引き寄せれば、庭仕事もさりながら、ずーっと現役でいるためにはどういう精神と立場を必要かと考えるこの頃。
 自分を象徴するようで出したいけれど・・・、もうお蔵入りかも。


<赤の使い方、鮮やか>


 
| shanghairo2 | - | 10:25 | comments(0) | - |
ポリタンク=メープルシロップ
 やはり今年は結局暖かいみたい。木々ははっきり伝えている。
 そろそろイタヤカエデは樹液をしたたらせるころにさしかかっていて、午前中仕掛けた2リットルペットボトルが半日ほどでいっぱいになる場合もあり、これから山歩きを強制される。正に森は生きている、木々は生きている。
 5年ほど前か、カエデシロップにトライし始めたのは。木々に囲まれた暮らしの人にとってもう流行と言っていいかも。ホーマックなんかではポリタンクがさらに売れ出したかも?
 今年は一升瓶を整理してしまったので、ポリタンク使用。おかげで朝晩木々を回らなくても良いことになるが、雪山を歩くのは結構な運動。どれくらいで盛りになってどれくらい続くかな?灯油の細い熱で1/40に煮詰める。従って、10リットルで250CCほどのシロップ採取となる。北国ならではの生産性だ。


<透明なうすーいベージュでほのかに甘い。>


 
| shanghairo2 | - | 17:23 | comments(0) | - |